【こんな症状で悩んでいませんか?】血尿

  • 血尿
  • 蛋白尿
  • むくみ
  • 背中が痛い
  • 男性更年期
  • 膀胱炎
  • 尿もれ
  • ED
  • 性感染症(STD)
  • おしっこ・おちんちん
  • おねしょ
  • 包茎

血尿は大きく2つに分類できます。

1.肉眼的血尿(血尿):目でみてわかる血尿
2.顕微鏡的血尿(尿潜血):見た目では血尿だとわからず、顕微鏡でしか分からない血尿

それぞれの血尿についてみてみましょう。

1.肉眼的血尿(血尿)

【尿の状態】
・目でみて明らかに血が混じっていることがわかる状態
・ピンク色、ワイン色、コーラのような黒っぽい色、血の塊が混入
【原因】
・主な原因として、尿路のがん(膀胱がん・腎盂尿管がん・前立腺がん・腎がん)、尿路結石、膀胱炎などが考えられます。
・薬剤性(抗凝固剤・抗血小板剤)のこともあります。

2.顕微鏡的血尿(尿潜血)

見た目では血尿だとわからなくても、尿の沈殿物を顕微鏡で観察して、血液(一定以上の赤血球)がみえる場合に “血尿”と判断されます。
学校や職場の検診で“尿潜血陽性”と言われて、泌尿器科を受診される方が多いです。

【原因】
悪い原因はなく経過観察となる場合が多いですが、尿路結石、腎がん、腎盂尿管がん、膀胱がん、前立腺がん等が見つかる場合もあり、泌尿器科での精査は行っておく必要があります。なお、尿蛋白も陽性の場合は、腎炎が疑われることもあります。
当院では泌尿器科医と腎臓内科医が連携して診療しており、正確な診断ができるように努めております。お気軽にご相談ください。